Mulabo

ムラボ

Our Mission

ムラボでは,日々の生活の中で感じる「どうしてこうなってるんだろう?」といった疑問や「こうなってくれたらもっと便利なのに…」といった要望を解決するために,人工知能や機械学習に代表されるデータサイエンスの技術を利用して,いろいろなデータの分析や生活を豊かにするアプリケーションの開発をおこなっています。

Our research object is to answer questions in daily life like "What causes this? How will this be?" and demands for systems like "It might be better if this works like...". To achieve this, we analyze variety of data and make applications by using data science approaches including techniques of artificial intelligence and machine learning.

Life in Mulabo

村尾先生を父として、家族のようなアットホームな雰囲気のある研究室です。現在は、博士課程の学生が2人、修士課程の学生5人、研究生1人、学部の学生7人が所属しています。それぞれが、自分望む研究テーマを掲げて日々研究活動を行なっています。

Mulabo is the homey laboratory with 2 doctoral students, 5 master course students, 1 research student in Graduate School and 7 undergraduate students. Each of them researches own theme they want.